ジャーナリング,  ふと、想ったこと

「あせらなくてもいいから、急ぎなさい。」

このブログを始める前に、もやもやしていた気持ちをジャーナリングしていたら、最後にふっと出てきた言葉が、お題にした「あせらなくてもいいから、急ぎなさい」だった。

 

「あせる」と「急ぐ」は同じような意味の言葉だけど、こうして逆説的に表現されると、何やら意味深く伝わってくる。

 

「あせるな。でも、急げ。」

 

そんなエネルギーの中で、始めたこのブログ。このブログだけでなく、今自分の人生のあらゆるところで、「あせるな。でも、急げ」と自分を奮い立たせている。

 

昨日の傾聴の学校のクラスでも、何度もこの言葉を生徒さんに投げかけた。

 

「あせらなくてもいいから、急いでね。」

 

とても勘の良い生徒さんたちなので、ニコニコしながら「はい、やります!」と答えていたみんなをものすごく頼もしく思った。

 

今日の写真は、玄関の窓から夕日が差し込んでいた、その光を撮影。

 

カメラを探している間に、どんどん小さくなってしまったけれど、かろうじて最後の光に間に合った。

 

この光は、まるでタンジェリンレムリアンというクリスタルの色と同じ。

 

私がはるか遠い故郷を思い出す色。そして、波動。

 

あせる必要はないけど、急ぐ必要があることを、またこの光から伝えられた気もした。

 

とにかく、今はそんな調子で動き続けよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ