アイカライキル記念日

今朝主人が、「Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)が他界したよ」と教えてくれて、ちょっと心が沈んだ。

ここ数日、彼女の容態が良くないことはニュースで聞いていたので、何度も彼女のことを想っていた。

今朝は、彼女への祈りが「まだまだ歌声を聞きたい。頑張って。」から、「ありがとう」に変わった感覚を味わった。

この2年くらいは、彼女が2015年にケネディセンター名誉賞を受賞したキャロル・キングのために”a natural woman”を歌った映像を何十回と観ている。

何度観ても、鳥肌が立つくらいにすごいステージだ。

自分の「アイ」を思い出すのに、そのエネルギーが全開に放出されている映像だと、本当にこれほど何度も繰り返し観ている映像はないほど。

そしてたまたま、今朝はこんな記事も読んだ:

https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m001462.html

名称未設定

2016年に雑誌「クウネル」の編集長が変わって初めて発刊された時のテーマは「フランス女性の生活の知恵」だった。雑誌類はかなり断捨離したのに、本棚をぐるりと見渡したら、その号がまた手元にあった。

フランス人と日本人を比べてもしょうがないけど、同じ女性として、そして女性としての枠も超えて、「私」とは何か?を考えて、「私」が大切にする生き方を貫き通すことを自分の魂がしたがっているのを感じる朝だった。

アレサ・フランクリンも、女性としても、人種としても、いろんなものを超えて生きてきた人の代表選手のように思う。

8月15日は、終戦記念日。

そして、アレサ・フランクリンが亡くなったのは現地時間の8月16日だから、終戦記念日の次の日のこの8月16日を、何だか「アイカライキル記念日」にしたくなった。

もうこの地球に戦争はいらない。

そして私たちの心の中に、「戦う」意識も必要ない。

ただただ、それぞれの「私」の好き、喜びを見つけて、それを互いに尊重しあって生きればいい。

みんなで、国境も、人種も、性別も、何もかも超えていけばいい。

それを思い出す記念日として、8月16日を覚えておこうと思う。

(あちこちで野生のタカサゴユリが咲く場所で、愛犬リリーを思い出す、8月17日の朝にて。)

IMG_1521.JPG

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中